9月 2

HappyHackingKeyboradProfessionalJP買った

プログラマとしてキーボードとマウスは自分自身を語るものだと思う。

昔からマウスにはこだわりがあった、最近のマウスは有線で光学式なのでやたらと軽いのである。
PCでFPSをやるわけではないが、マウスというのはスライドさせてなんぼのものなので軽いか思いかなんて関係ない。むしろ軽すぎると浮き上がってしまう(感覚)に陥る。
電池付きの無線マウスを使うことで、取り回し、重量をクリアして作業効率をあげる事ができる。

さてキーボードだが、いままでこだわりがなかった。

家ではノートパソコンを使っている所為で、そんなこだわらなくてもいいかなと思った。しかし最近、仕事場で使うパソコンがThinkpadの可能性が多くてヤツはCtrlとFnキーが家で使っているVaioと逆で困ったりとpageUpなどのキーの位置も違ったりと困る!

俺もプロだし、キーボードをこだわろうと思った!
大工さんが愛用のカンナを使うように、電気工事士が使い慣れたナタを使うように、会計士が打ちやすい計算機を使うように。

プログラマも愛用のキーボード、マウスを使うべきだと思う

前置きが長すぎました、そこで購入したキーボードが、HappyHackingKeyboradProfessionalJP (HHKB PRO JP) という名前からマニア向けなキーボード。ハッキングという単語が着く割には勝間和代や歌手の広瀬香美さんなど特にハッカーじゃない人も御用達です。

Happy Hacking Keyboard Professional JP

 

わかりやすくこのキーボードの特徴をあげます

  1. キー数が少ない!なのでホームポジションから手を動かさなくてすむ
  2. 人間工学を考えられた、段差のある配置
  3. CtrlキーがAの隣にある!なので小指が疲れない
  4. ケーブルが別!なので取り回しが楽
  5. ファンクションキーが存在しない!不便だけど仕方ない

HHKB PRO JPの場合、69キーで520グラム。圧倒的に軽くて小さいので持ち運びも楽!
HHKBの特徴であるSUN配列のCtrlの位置は、いままで左下にあった慣れさえ塗り替えられれば、Aの隣にあった方が小指が疲れない。
Ctrl+Shift+Tabなんて、指の配置が変わって困るじゃんと思ったが、いま打ってみると段差がついているお陰で小指でCtrl+Shiftを押せる!
Fnキーとの組み合わせでもちろん使えるが、 ファンクションキーが存在しないのはデメリット、Windowsはやっぱりファンクションキーにショートカットが割り当てられていたりするので是非、ファンクション列もあるバージョンを作って欲しい。

これからこのキーボードを何十年と使って行きたいと思う。

※ThinkpadのCtrl、FnキーについてはBIOSで変えられる場合あり
※Ctrl+Shift+Tabはいつもなら、C:小指、S:薬指、T:中指だけど。HHKBだとCS:小指、T:薬指でいけちゃう

タグ:

Posted 2012年9月2日 by shuh in category パソコン, 周辺機器