2月 4

ACVの侵攻と防衛についてメモ

間違っているかもしれないので、その時は教えてください。
溜めてあった文章なのでちょっと長いですが…。

侵攻と防衛について

ミッション出撃から領地への侵攻ミッションを選んだ時に起こること。
防衛側とマッチングした場合、対人戦の侵攻ミッションになる。
マッチングしない場合、俗に言う空き巣ミッションとなる。

ミッション出撃から領地の防衛ミッションを選んだ時に起こること。
上記、侵攻ミッションを選んだチームとのマッチングを行う。
マッチングがなかなかしなくて、ブリーフオンラインになることもしばしば。

チームポイントを貯めて、決戦ミッション(侵攻)を行う。
決戦ミッション(防衛)とマッチングを行う。
マッチングしない場合はブリーフオンラインになる。
勝つと領地を入手、負けるとチームポイントが奪われる。

自分の領地が炎上(領地耐久度が0の状態)になったら、決戦ミッション(防衛)を行う。
決戦ミッション(侵攻)とマッチングを行う。
たぶんどうにかマッチングするはずだけど、炎上してから3時間で没収なのでチームメンバーがいるならすぐに行うこと(仕様変更:3rdシーズン~)

領地の獲り合いについて

チームポイントを貯める、たまに領地防衛と当たって凹む。防衛側は領地評価があがる。

防衛側は放置していると領地耐久度が減ってしまう。

チームポイントを貯めたチームは決戦侵攻へと赴く。最初は分配のためにNPCがお相手をしていた。

領地分配後だとマッチングしない、防衛側は領地耐久度が0でない限り決戦防衛をやるメリットが存在しない。(メンテで領地耐久度の増減を行うと思われる→当然のように3rdシーズンから炎上しやすくなった)

よく出来たシステムだと思う、あとは微調整をうまくして、どこが決戦できるのかを表示してくれるとありがたい。
マップ上で光ってる所は激戦区らしいけど、下の文字が表示されているところも要チェックで耐久度が0の領地の告知などが流れている。

猶予期間について

耐久度が残っている場合、次回シーズンに持ち越す事が可能。猶予期間中は耐久度が減らない。
耐久度が0の場合、防衛決戦ミッションを行い勝利して耐久度を回復させないといけない。
侵攻ミッションでのチームポイントが取得できない。
よって侵攻側が減る=防衛とマッチングしない。
あくまで、耐久度0のチームの救済期間と言えるので決戦ミッションで侵攻、防衛を行えという期間っぽい。

猶予期間を開けると上記の通り、
耐久度0の領地の没収。
領地が持ち越される場合は全回復される。
あとは傭兵関係のリセットがあるみたい。
没収された領地の再配布、NPCへ返却。

チームの話し

2ndシーズンでURBAN AREAが炎上し決戦防衛に出向いたが負けて没収される…。

仕様変更

3rdシーズンからの変更点
赤文字はシーズンリセット後の緊急対応で増えた項目です。

  • 領地の耐久値の減少量を増加
  • 耐久値0の領地の没収までの期間を、1日から3時間に短縮
  • 領地ミッションにおいて、所有領地が多いチームの領地とのマッチングの優先度を上げる
  • 領地ミッションにおいて、防衛側が防衛に成功したときの獲得チームポイントを増加
  • 没収された領地をNPCの所有する領地として再配布するように変更
  • ACLRP特典、ファミ通特典、攻略ガイド特典のパラメータを適正値に修正しました

なんとなく思ったこと

領地はいくつあるのかなぁ?
以前、領地を持っている時にランキング→エリアから自分のランクをみたら約300位だったのでそれくらいあるということ。

プレイヤーズサイト
http://www.armoredcore.net/players/acv/


Posted 2012年2月4日 by shuh in category ACV, ゲーム

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*